陰日向に咲く

(2008/10/19)

今ごろですが、読みました。「陰日向に咲く」

映画版はまだ見ていません。そんなに興味がなかったので。

何のきっかけだったか、原作の「陰日向に咲く」を読んでみたくなり、図書館で借りました。
ずっと自伝的なものだと思っていたのに、違った。

最近読んだ小説では一番好きかもしれない。

 

 

(以下、若干のネタバレ)

先月読んだ「ララピポ」(こちらも映画化されるはず)

でもそうだったけど、短編それぞれの登場人物が少しずつつながっている話でした。

でも、「陰日向に咲く」のほうが話が好き。どの話もあったかかったなあ。

映画もいつか見てみようと思います。

 

で。この本のタイトル「陰日向に咲く」という文字を書いたのは、作者の劇団ひとり氏だと思っていたんだけど。

ブックデザインは、よくお見かけする鈴木成一デザイン室
題字は、鈴木佳一
どちらのお方でしょうか? 鈴木成一デザイン室の方?
この題字も印象的だなあと。

文庫版じゃないほうだったと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。返事が遅れる場合もありますが、なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。

運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあります。ご了承ください。

書籍
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする
スズキマニア?

コメント