鈴木成一装丁を語る。

そうやって作っていくのかという過程を知ることができて面白かった一冊。

鈴木成一装丁を語る。」

 

ふだん読んでいる本でもよく見かけます。鈴木成一さんのお名前。鈴木成一デザイン室

 

鈴木さんが手がけた装丁のほんの一部なのだろうけど、

  • タイトル文字で伝える。
  • イラストを使う。
  • 読後の印象から発想する。

などなど、さまざまな角度からの装丁を紹介されていました。

資材や印刷、加工などにも触れられていました。そこはあまり読みませんでしたが、書店に並んでいる本の素材っていろいろな工夫がされているのはわかりました。

 

だいぶ前に読んだ(ので内容はすっかり忘れてしまいましたが)、「陰日向に咲く」も鈴木成一デザイン室で

陰日向に咲く
(2008/10/19) 今ごろですが、読みました。「陰日向に咲く」 陰日向に咲く (幻冬舎文庫) posted with ヨメレバ 劇団ひとり 幻冬舎 2008-08-01 Amazon 楽天ブックス 映画版はまだ見ていません。そんなに興味がなかったので。 何のきっかけだっ...

題字は、鈴木佳一。
どちらのお方でしょうか? 鈴木成一デザイン室の方?
この題字も印象的だなあと。

という感想を書いていたのだけど、息子さんの文字だそうです。

 

息子さん(鈴木桂一さん)のほかの作品として

「いまここにいるよ」

 

「天使の羽根のように」

の紹介もありました。

 

スズキ関連でいえば、松尾スズキさんの「宗教が往く」も手がけられたとのこと。

これから読む本でまた鈴木成一さんのお名前は拝見するだろうな。

コメント