ハイポジ 1986年、二度目の青春。

2020年1月からのドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」、テレビ大阪のドラマですが、BSテレ東で放送があったので視聴。

主な出演者

16歳の天野光彦/今井悠貴 46歳の天野光彦/柳憂怜 小沢さつき/黒崎レイナ 16歳の司幸子/鈴木絢音(乃木坂46) 46歳の天野幸子/いしのようこ 馬場真/伊島空 丸尾佳代/めがね 天野靖子/野崎智子 天野美憂/岡田佑里乃 下妻京一/山中崇 

原作 「ハイポジ」きらたかし

第一話「翼の折れた天使」

30年前にタイムスリップ、46歳から16歳の自分に戻っていたという設定。30年前は1986年という設定なので、現在は2016年?

私は1986年だと17歳なので、がっつり同世代。ハイポジのカセットテープ、使い分けはようわからんかったけど知っていたし、ドラマ内で描写のあった、レタリング、カセットの爪を折る、鉛筆でテープを巻き取るなど、すべてわかった。

主人公は

会社をリストラされ、離婚も秒読みの光彦(柳憂怜)は風俗店で滑って頭を打って、意識不明になった。気がつくと魂は46歳のまま、身体は16歳の自分の中にいた。

公式サイトより

という設定なのでとても不憫なのだけど、1話にて、16歳の自分を「二度目の青春」と喜んでいた。私だったら、つらいな、勉強ついていけん(笑)。

流れる曲、私でも知っているものばかり。そういうところも楽しみなドラマ。最後は現代に戻るのか、戻れないのか、そもそも生きているのか……。

第二話「ONEWAY GENERATION」

ドラマ「テセウスの船」もほぼ30年前にタイムスリップ(戻った時代はちょっと違うが)。懐かしむのもはやりかな。

ドラマ中の解説がなくてもだいたいわかる(年を取っている証拠か……)。

光彦の席の周りって女子ばっかりだなあ。

第三話「JINGI 愛してもらいます」

前回までのあらすじから始まる親切設定。

「けんかのことなんて別にどうでもいい」という小沢さん。小沢さんは何であんなに強いの?(精神ともに)

「タッチ」を読んで泣く。あのころか、連載は。

姉ちゃんにお金を貸してくれと泣きつく。姉ちゃんには、おまえ変わったなと褒められていた。「何とかしてやっからよ」と頼もしい姉ちゃん。

ドラマ
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。ただし、運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあることをご了承ください。

スズキマニアQRコード

スズキマニア?

コメント