花とアリス

BS松竹東急で放送があったので録画していたものを視聴、映画「花とアリス」、2004年公開。

主な出演者

荒井花/鈴木杏 有栖川徹子/蒼井優 宮本雅志/郭智博

この後にアニメ化された「花とアリス殺人事件」は見ました。公開は実写版が先だけど、その後の話ということか。

同年代、もしくはもっと若いときに見たら、「ああ、そうそう!」となるのかもしれない。花のストーカー的な行動も、そういうこともあるよね……とは思えるのだけど、うそをつかれ続けた宮本先輩の数カ月(はたっているよね? 文化祭は秋かと)は、かなりつらく苦しかったのではないのかなと心配してしまった。

アリスは振り回す側っぽい設定なのだけど、実際、うまくいかないことがあったり、母親との関係も悪くはなさそうだけど思うところもありそうだったり、花のうそに合わせているうちに宮本先輩のことが好きになっちゃったり、共感するのはアリスのほうかなあ……。

手洗い場で水が出ず、手に付いた泡を洗い流せないままの花、なぜふかない!? ナメクジを思い出さずにはいられないよね、宮本先輩……。

しかし、宮本先輩の落語(寿限無)はずっとあのままなのだろうか(笑)。もう1人の先輩は癖がありすぎよっ。花の落語が一番よかったのかも(しかし途中でやめたの?)。

1シーンだけの出演者とか、豪華メンバーであった。

アリス役の蒼井優さんのバレエのシーン、よかったな。

映画
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。ただし、運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあることをご了承ください。

スズキマニアQRコード

スズキマニア?

コメント