猫なんて! 作家と猫をめぐる47話

我が家の猫
我が家のぬこ。マットの穴は気にするな。

読了「猫なんて! 作家と猫をめぐる47話」

猫を飼い始めてから、猫が登場する本が気になるようになりました。

以前にも猫と暮らしてはいたのですが、彼ら(2匹いました)は私が結婚する前から夫の実家に住んでいる子たちで、飼っているというより先輩居住者のようでした。今飼っている子は野良の子猫から飼い始めたので、自分の子供を育てているような感じです(孫じゃないぞ)。

本書は、作家さんが書いた(描いた)作品に猫が登場しているものを集めた一冊、47編。猫の動作や性格など、ああ、そうだよなとわかる部分がたくさんありました。

「マイケルの1日」(小林まこと)のマイケル、かなり久しぶりに見たけど、あらためて見ると、猫の動きがリアル。(「ホワッツマイケル? マイケル登場編」掲載のもの)

長谷川町子さんの「どうぶつ記」というマンガ(というか文章)は、ほんわかしてそうで最後はなかなか……。(「サザエさんうちあけ話・似たもの一家」掲載のもの)

鈴木はなかなか登場せず。「背中の黒猫」(鹿島茂)内に、プルーストの「囚われの女」が引用されていて、それが鈴木道彦訳。

巻末に出典元が掲載されているので、興味あれば読めるものも幾つか。品切れのものもあるそうです。

ふだん読むことのない作家さんの作品も読めて、どれも面白かったです。猫好きさんにはよいかも。

書籍
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。ただし、運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあることをご了承ください。

スズキマニアQRコード

スズキマニア?

コメント