ゲゲゲの女房

(2009/05/15)

先にNHKの朝ドラにという記事を見たので、最初「これ、間違い?」と思ったんですけど。

映画とドラマ、両方あるようです。
「ゲゲゲの女房」の映像化。

原作

映画版の監督は鈴木卓爾さん

脚本は大石三知子、撮影はたむらまさきとなっていました。
水木先生の米寿と画業60周年に当たる2010年初夏の公開を目指すということらしいです。

「ゲゲゲの女房」と、タイトルだけ見たらちょっと驚くけど、ゲゲゲと来たら水木しげる先生だもんね。シンプル。
最近の「ゲゲゲの鬼太郎」の絵柄はかわいらしいんだけど、

昔の絵柄(というか、オリジナル)は結構怖いのよね~。
目を細めてアニメを見た記憶があるよな、ないよな(年齢ばれますが)。

原作

ドラマ化、映画化ということで読んでみた、その原作。

羽振りのいい貸し本業を営んでいるという男性と見合い、即結婚してみたら、それは嘘で貧乏な暮らしをせざるを得なかったというところから始まる結婚生活。
でも、妻の布枝さんは前向き。一所懸命な夫の努力と才能を信じている。

「ゲゲゲの鬼太郎」などのヒットで生活が楽になっても暮らしぶりは変わらない。
「終わりよければ、すべてよし」と締めくくる布枝さん。

素敵な奥様だな。ところどころ写真が出てくるのですが、奥様の笑顔がいいんです。かわいらしくて。

本書では、紙芝居会社社長の鈴木勝丸さん、実業之日本社の鈴木宏昌さんという鈴木さんが出てきます。
著名な方々とのつながりも多いようで、それは水木先生の人柄なんだろうな。

この本を読む前に

の2冊を続けて読んだんですが、どれも生活に苦労したことが書かれていて。
でも、共通するものがあるように思えました。
(ま、私のイメージなんですが)

いつも笑顔が絶えないキャサリンさん一家、自分のやりたいことでカネを稼ぐには?という西原さん、貧乏なのに模型作りに熱中しちゃうような心の余裕もある水木夫妻。
内容は違うようでも、何か自分の暮らし方にヒントを与えてくれるような気がしました。

 

(2012/08/21)

ドラマ

原作、映画版とスズキネタが登場したのにドラマ版では出てこなかったなあ……と思っていたら。
出ました。

2010年前期の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』

主役以外の配役が発表されたようです。

大杉漣、古手川祐子、野際陽子、有森也実、足立梨花、桂亜沙美、星野源、風間杜夫、大倉孝二、竹下景子、松坂慶子、村上弘明、南明奈、平岩紙、杉浦太陽、鈴木裕樹、菊池和澄(子役)、佐藤未来(子役)などなど

もちろん鈴木裕樹さん登場はうれしいですが。
朝から大倉君が登場ですよ。NHKのサイトによれば、

村井雄一(茂の兄) 大倉孝二
東京で会社勤めをしていたが、勤務先が倒産したため、職探しの日々を送っている。茂と布美枝が暮らす調布の家に風呂をもらいにやって来たりと、悪気はないが素っ頓狂(すっとんきょう)な行動をすることも。ユーモアと個性にあふれた好人物。

ぷぷぷ。悪気はないが素っ頓狂な行動。それだけで笑える。
水木しげる先生のお兄さん役ですね。

今まで何度も朝ドラを見続けることに破れてきた(よく見ていたのって、高校生のときの「青春家族」ぐらいじゃないか?(しかも内容忘れてる)

来年が楽しみ。HDDを手に入れた私には怖いもの(?)はないさ。
絶対見ようっと。

 

珍しく朝ドラ見始めました。まだ第2話までしかないですけどね。

朝ドラって、通常の時間帯(今回からは8時)以外に、再放送はもちろん、BS含めるといろいろな時間帯で放送されているんですね~。
今日は7時45分からのBSで見てみました。

さて、冒頭にお見合いシーンが出てきたものに、昔に戻って幼少時代のお話が続きそうです。
背はのっぽさんなのに、いつも目立たない存在の主人公。でも意外と大胆?な性格のようです。

ほっとするドラマです。頑固な父、優しい母や祖母、口やかましい姉たちや手のかかる弟。
楽しそうな家族。
そうそう、弟君を鈴木福ちゃんが演じているようでした。あの子が福ちゃんね~。


毎週欠かさず見ていますよ~。

大きな展開はないけど(いやいや、見合いして5日目に結婚式とは波瀾万丈ですが)、ちょっとしたセリフにほっとさせられたりするドラマです。
こういうのは好き。

4月29日放送分だったか、出演者テロップに「鈴木」という役柄がありました。

これは、茂さんが原稿を持っていった出版社の事務の方のお名前だったのかな。そこが謎のままです。
(ご存じの方、教えてください~)
5月4日放送にて確認しました。やはり事務所のおばちゃんが鈴木さんでした!


欠かさず見ています、「ゲゲゲの女房」。第8週。

とうとう源兵衛父ちゃんが上京してきた!
上京したその日に、夫婦は留守で、謎の下宿人と、ずうずうしい茂の兄一家(ああ、大倉君が出るとコント色満載)と鉢合わせ。
明日からの展開が怖いよっ。布美枝ちゃん、頑張るのじゃ。

さて、村井家のお隣は高木さんだったかと思うのですが(表札を見て)、そのお隣は鈴木さんじゃなかったろうか?
こんなの気にするの、私だけですね。でも気になるので、家の前のシーンが出てきたら要チェックです。


既に24週。あとわずかだなあ(T_T)

今週はイトツさんの体調が崩れてしまう。もうあとわずか(上と同じことを書いている……)なのかな。
イトツ&イカル夫妻(既に本名忘れ、あだ名で呼ぶ。うぬぼれのようだ)のエピソード中心。
ちょっぴり焼きもちを焼くイカルさんは少女のようでかわいかった。

さて、今日は鈴木翼という出演者テロップがあったのですが、新たに登場したのは茂たち3兄弟の幼少時を演じた子たちだったから、この中の1人がそうだったのかな?
そして、お隣の(多分引っ越していなかったら)高木さん登場。栗をくれた方。
そのお隣の鈴木さんも登場しないかな~?


24週、最後の日。
イトツさんが亡くなってしまいました(T_T)
でも、眠るように亡くなったんだろうなあ。

イトツさん人生が走馬燈のように思い出される中、かつて一緒に働いていた無声映画の弁士・川西一学さんの姿も。川西さん役は鈴木綜馬さんでした。 この前の回想シーンに出ていたのも、もしかしたらそうだったのかな?

あと2週間でドラマが終わり。
来週は、藍子ちゃん、教員試験に採用かな。そして、喜子ちゃんは、あの謎の編集者さんと恋に落ちるのか!?
そんなところも見所です。


2012年、BSで再放送中です。
BS「梅ちゃん先生」の前(7時15分~)に放送があるので、時々見ます。
今見ても面白い。

今日(21週かな?)の放送で、イトツが昔の活動映画(だったかなあ)の思い出を語るシーンで、「スズキスミコの主演で大当たり」というのがありました。本放送のときには聞き漏らしたセリフだったのか?
久しぶりにこちらの記事に追記です。

鈴木澄子さんのことかな。

 

コメント