大岡越前5

2020年1月スタートの「大岡越前5」、今までのシリーズも見てきたので、もちろん見ます。

主な出演者

大岡忠相/東山紀之 榊原伊織/勝村政信 結城新三郎/寺脇康文 雪絵/美村里江 三次/近藤芳正 伊生正武/高橋光臣 求次郎/吉田隼 村上源次郎/高橋長英 吉本作左ヱ門/寺田農 妙/松原智恵子 徳川吉宗/平岳大 松平乗邑/田村亮

もともと加藤剛さんの「大岡越前」が好きで(むっちゃ格好いいんやで)

東山版も雰囲気似ていて好きです。加藤剛版の「大岡越前」の上様(徳川吉宗)が好きというか、この役を演じている山口崇さんがよかったのですが、東山版の上様の平岳大さんもいいんですよ。もともと好きな俳優さんだったので、なおさらよし。

第一回

北町奉行(ライバル)として伊生正武(高橋光臣)登場。最近の高橋さんはヒール役が多いような気もするな。

忠相の父、忠高は亡くなった設定に。津川雅彦さんの代わりはいないもんね。しかし、孫に当たる忠相の息子・求次郎は祖父に性格がうりふたつらしい。

くず屋から買った仏像の中から出てきた大金と、それに関わって譲り受けることになった茶碗(相当なもので、上様は何百両出しても欲しいらしい)の騒動、忠相が無事解決、上様も最終的には茶碗を千両も出して手に入れた!

第二回には鈴木梨央ちゃん、登場だ。

第二回

たちの悪いはやり風邪とは、インフルエンザのこと。そんな中、おけい(鈴木梨央)が養生所に担ぎ込まれたけど、インフルエンザではなく、労咳。母親が心配なのでと自分の治療は拒否。

養生所の医師・新三郎役の寺脇康文さん、この前に見たドラマ「アライブ」では男性乳がんの患者役だった。先生から患者と同時期の出演。

この時代の毒殺といえばトリカブトになるのかな。よく聞く名前。

第三回

上様、鷹狩りの帰り道、馬で突っ走り、お供の方たち、追っかけるの大変。少年に菜っ葉のゴマよごしをもらって食べた後、ぶっ倒れるなんて、少年が不憫(が、これが後々に……)。

ふんどしの中に密書を隠し持っていた子吉、周りはよかったと思いつつも苦笑していたな。殺されてしまったおひさ、よい娘さんだったなあ。

果たして手紙の中身は何だったのか。

そして、小松川の近くの名もない菜っ葉は、吉宗命名で小松菜に。

参考 >> 江戸川区 なんで小松菜って言うの?

出演者に鈴木林蔵さんのお名前あり。土屋相模守政直でよかったのかな。

第四回

江戸時代だってもちろんあっただろう認知症問題。介護疲れの息子夫婦、そこへ毒入り団子事件。重いなあ。今だって解決しない問題。

第五回

大工の佐吉を演じる波岡一喜さん、すっごいいい人の役なのが珍しい(でもうれしい)。

小林涼子ちゃん演じる、おくに、スリとはいえ、優しい女性だったな。

コメント