当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

愛していると言ってくれ

「愛していると言ってくれ」の2020年特別版がTBSで放送されているのだけど、長崎では見られない様子。が、TVerで配信開始になったので、この機会に視聴。本放送は1995年7月から9月、当時は全く見ていなかったはず。

主な出演者

榊晃次/豊川悦司 水野紘子/常盤貴子 矢部健一/岡田浩暉 吉田マキ/鈴木蘭々 榊栞/矢田亜希子 藪下清/相島一之 神崎薫/余貴美子 吉沢道子/吉行和子 榊伸吉/橋爪功

Vol.1

そもそも、あまり豊川悦司さん出演のドラマや映画は見たことがなかったかもと、Wikipediaでチェックしたら、見たことがあるのは

>> 「江 姫たちの戦国
>> 「半分、青い。」
>> 「12人の優しい日本人」
>> 「20世紀少年」

ぐらい。何か濃いキャラクターばかり?

「太平記」にも出演しているとのこと、こちらは今、再放送をしているのを録画中なので、出演シーンが楽しみ。

わっかいトヨエツさんがステキだというツイートを見かけたので楽しみにしていたら、いや、本当にステキ。50を超えた今となっては、どのキャラクターに共感するとかいうより、すっかり親目線ではあるけれど、いつもちょい胸をはだけていて、色っぽい晃次さん。

そして、常盤貴子さんもむっちゃ若い(当たり前だが)。ピチピチ女子、スカートがいつも短くてそこが心配なおばちゃん目線。

そもそも男女の恋物語(しかも悶々とするやつ)は苦手なのだけど、この年になって見ると、意外と平気かも。しかし、あの2人、偶然に出会う確率が多すぎよ。たった1話しか見ていないのに、何度出会ったことか(笑)。

バックに流れる音楽の多くが主題歌のドリカム「LOVE LOVE LOVE」をアレンジしたものだったな。

耳が聞こえない、青色と出てくると、「半分、青い。」と何か通じているの?という気がする。

Vol.2

暗い中に白いシャツのトヨエツ氏は目立つな、うん。

FAXはコンビニで店員さんに頼んでいた時代だったっけ?

相島一之さんや神保悟志さんも出演していた。四半世紀前はみんなわっかいな。でも、父役の橋爪功さんはあんまり変わらんかった(年をとった感じがあんまりない)。

「耳、聞こえないの? かわいそうに」と劇場のおばちゃんに言われちゃうけど、こういうのは今もかわらないか。

やっぱりもどかしいな、若い2人を見ていると。

コメント