家族狩り

(2014/07/10)

原作は未読、この人が好き!というわけでもなく、ただただ、登場人物に鈴木くんがいるということで見ようと決めたという、どこか不純(か?)な動機でしたので、ストーリーもタイトルの意味も特に追い掛けず、でしたが。

怖いけど面白いぞ。ドラマ「家族狩り」。

 

原作はこちら

主人公は3人、なのかな。

氷崎游子 松雪泰子
巣藤浚介 伊藤淳史
馬見原光毅 遠藤憲一

この3人を中心にした話みたい。氷崎が一番の中心っぽいけど。

 

初回から、一家心中は実は家族狩りで、犯人は氷崎みたいな展開。
これがどう変わっていくのか。真実なのか、謎がまだあるのか。
出演者みんな切なくてかわいそうになるんだけど、北山宏光くん演じる鈴木渓徳(すずきけいとく)くんが軽くていいっすね。「べいびー」の発音の仕方とか(笑)。生まれた子が自分の子じゃないかも、みたいな話もあるみたいだけど。

鈴木渓徳の奥さんは写真で登場していたけど、これは松浦雅ちゃんだとはわからなかった。鈴木佳苗(すずきかなえ)役。
鈴木家ベイビーの名前もちゃんとあった。相関図では鈴木エーキチ
A吉と付けたかったらしいけど、Aは使えないし、「吉」と「古」と間違えていた渓徳……。

あ、わからなかったといえば、篠田麻里子嬢も気付かなかった。馬見原の娘役。

 

巣藤の勤める桐朋高校の先生方が心配です。
名門っぽいんだけど、「産むから!」と言いふらす先生とか、「たいく」って書いちゃっている体育教師とか(笑)。

まあとにかく、どの部分も目が離せない感じのドラマ。
楽しみ。

コメント