カーネーション

(2012/03/23)

とても人気があるようなんですが、私はまだ一度も見ていません。NHKの朝ドラ「カーネーション」。

前作の「おひさま」をずっと見たので、また半年見続けるのはちょっと勇気が要るかも?という程度で見ていなかったのですが、見ればよかったなあ。萌え萌えなシーンが多いようだし(^_^)

まあ、機会があれば(再放送とか)。

前作「おひさま」ではとうとう鈴木さんを発見できなかったのですが(本当はいたかもしれないが)、今回の「カーネーション」はどうじゃろとググってみれば、小原直子(糸子と勝の次女)役の赤ちゃん(幼少期?)は鈴木紗良ちゃんという子が演じていたようでした。実際に見ても見逃していたかもしれないなあ。むむむ。

以下、9年前の追記

実は、ヒロイン交代の1週間前ぐらいから見始めました。

もったいないとか言われそう?

新聞に載っていたあらすじやツイッターのつぶやきなどから、大まかな流れはわかっていたので、ちんぷんかんぷんではなかったです。細かな小ネタ的な部分がわからないのは残念だったけど。

お年を召してからの糸子さん、高齢者のつぶやきにうなずきます。うちのは70歳の義母が同居。わかるわ~という気持ちも多いです。

でも、お元気ね。88歳(現時点)。そういえば、今はなき祖父も90近くまでは一人で旅行していたっけ。元気な方はそんなものか。

今週になって80代に突入した「カーネーション」。前の年代のとき、おどおどしていた孝枝さん(竹内都子ちゃん)がいつの間にか敏腕マネジャー風。彼女がめくるスケジュール手帳のページには「鈴木さん来店」という書き込みがありました。ちなみに「田中氏来店」もあり。定番ですね。

お薬や通院が欠かせなくなるお年ごろ。通院先の病院で、幼なじみの奈津さんを見つける糸子さん。奈津さんの病室の入り口には同室の患者さんたちのお名前札があり、そこには鈴木美智子さんもいらっしゃいました(姿は見えないけどね)。

一気に鈴木さんを2つ見つけてテンション上がったわ(笑)。その後、さっぱりだけど。

朝の7時30分からのBSで見ています。この時間だと、次男、ぎりぎり家にいられるので、いつの間にか彼も鑑賞(笑)。毎週のサブタイトルを読み上げるのが日課の息子。「まどわせないで」は気に入ったようで、楽しそうにつぶやいていました(おばかね)。花言葉ですよね。

9年前の追記、ここまで

2018年の再放送を最初から見ています。今日(2018/10/04)見たのが121話、次週からヒロイン交代となるようなので、これからは二度目の視聴です。

その後、再放送を順調に見続け、本日(2018年10月29日)最終回でした。

晩年編は一度見ていたのに、だいぶ忘れていました。なのでさらに楽しく拝見(?)。

尾野真千子バージョン糸子をきちんと見ることができたので、晩年のあれやらこれやらがわかるようになり、よかった。

最終回では、病院のファッションショーで末期がんと言われていた女性が元気になって登場したのが本当によかった。最初に見たときは、私はまだがんになっていなかったのであまり気にも留めなかったのかもしれませんが、今回は気付きました。ハッピーエンドがやっぱりいい!

また何年かしたら再放送があるのだろうけど、もう一度見ることができるといいな。

コメント