探偵 左文字進 13

(2009/01/05)

2009年1月5日放送。西村京太郎サスペンス「探偵 左文字進13」 を見ました。左文字シリーズとやらは初めて見ました。

主な出演者

水谷豊 戸田恵子 映美くらら 金井勇太 山村紅葉 伊東孝明 芦川よしみ 橘実里 城咲仁 品川徹 絵沢萌子 有川博 西田健 笹野高史 布施博

 

 

毎回特殊メイクを駆使して犯人を追い詰めるシーンが見所だが、それは今回も健在。女性の顔のマスクを被り水色のワンピースを着た水谷豊は女性そのもの。このシーンは絶対に見逃せない。

サイトより

特殊メイクを駆使して……という設定のようだけど、水谷豊さんのあの女装は、ちょっとぎりぎりじゃなかろうか(笑)。

 

でも、楽しく見ました。後半部分からは特に面白かった。
小4の次男も一緒に見ていました。内容がわかっているのか、よくわかりませんが、水谷さん演じる左文字さんが犯人に仕立て上げられそうな場面になると、「見ていられない!」とこたつにもぐる息子です。
(ああいう場面に弱いです、息子)

 

水谷さんが二役で、双子の弟(実際は変装した別人ですが)を演じていまして、その弟というのが悪役。悪い顔をするわけです。ずーっとガムをくちゃくちゃかみながら。
水谷さん、悪役したこと、あるのかなあ。
私が見たのは、いつも主役で裁く側のほう。

女装がちょっと怖かったですが(笑)、その女装を手がけるのが、西村&山村作品には欠かせない(ある意味主役?)山村紅葉さんでした。

このシリーズ、今後も見てみようと思います。
左文字さんと史ちゃんの中年カップル(カップルじゃないか)も気になります。年をとったのか、若者の話より、中年・熟年の淡い恋模様(?)が楽しいです。
原作では、2人は夫婦みたいですが。

恒例のテロップチェックにて、鈴木美恵さんEiji Suzuki さんなる人物を見かけました。

詳細はわからず(どの役、どの役割だったのか?)。

Eiji Suzukiさんは絵画協力のようでした。ご本人のサイトに記載。

コメント