女子的生活

(2018/03/27)

こちらも録画したまま寝かせておいてたら再放送が始まってしまった……という。
ドラマ「女子的生活」、第1話を見ました。

 

原作はこちら(未読)

 

先にドラマ「海月姫」を見てしまい、女装する男子、水族館が出てくるなど、かぶった感があるのだけど、こちらの女子はトランスジェンダー。

トランスジェンダーという言葉は聞いたことがあるけど、実は詳しくはよくわからなかった。
ドラマを見終わったとき、少しはわかるようになるかな。

 

志尊淳くん、きれいねえ~と見始めたけど、ゆい(小芝風花ちゃん)との絡みのあたりから目が離せない。
何だろ、あの2人。どうなっていくのだろう?

音楽の鈴木慶一さんが水族館の職員さん役(と調べてから知った)で登場していました。
2話も早く見たい。

 


3話、4話(最終話)とやっと見ました。

第3話では、父(本田博太郎)と兄(鈴木裕樹さん)登場。
親はずっと子どもの心配をするものだよなあ。
その後、お兄さんとはどんな関係を築けているのだろう。

 

「勇気と感動を与える」「前を向いて歩いて行くために」とか言い放つディレクター、むかつくわ~。
そんなことのために生きていないもんね。

 

最終話の天然お嬢様がその後どうなったのかも気になる。
トランスジェンダーというものを今まで本当にわかっていなかった。今もわかっていないんだろうけど。
続編があるといいなあ。

コメント