病と障害と、傍らにあった本。

読了。「病と障害と、傍らにあった本。」

病や障害の当事者、介護者の方々が書かれたエッセイ集。書評集とは違うのだろうけど、興味深い本がたくさんあった。巻末に一覧も掲載されているので、何冊か読んでみようと思う。

私も病の当事者といえば当事者なのだけど、エッセイを書かれた方々に比べたら本当に大したことなかったわ……と思った。そもそも卵巣がん自体で体調が悪かったことはなかった。手術と抗がん剤治療がきついといえばきついけど、もう私なんて何も考えずにヘラヘラ過ごしてきたな(ちょい恥ずかしい)。

しかし、世の中にはさまざまな病や障害があり、それぞれに症状も違い、また受け取り方も違うんだな。「そうそう、そうなんだ」と気持ちを分かち合うこともあるけど、自分だけが感じることあるよなあ……。

著者のお一人、坂口恭平さん。どこかで聞いたお名前……と思ったら、著作を読んでいた。「0円ハウス」の方だった。その後の話か。

著者のお一人に鈴木大介さん。鈴木大介さんは「脳が壊れた」を読んだと思うのだけど、記録がないのではっきりせず。

今、「脳は回復する」を読んでいるところ。

鈴木大介さんのエッセイの中で「ワーキングメモリが大きく低下していた」という記載があった。あ、これ、私はそういうことなのかと思うことがあった(ちょっと違うかもしれないけど)。昔から、ちょっと前のことが覚えられなかった。大まかな内容はわかるのだけど、具体的な言葉、職場で電話を受けた際の相手の名前はメモしないと忘れる(それこそ鈴木さんとか佐藤さんとかでも)、話していた相手の言った正確な言葉とか、覚えられないんだなあ。

書籍
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。ただし、運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあることをご了承ください。

スズキマニアQRコード

スズキマニア?

コメント