X’マスには死化粧を! 光の国のアリス連続殺人

BS松竹東急で再放送のあったドラマ「X’マスには死化粧を!」を視聴。本放送は1989年12月16日。

主な出演者

露口茂 鈴木保奈美 友里千賀子 春やすこ 倉石功 ビートきよし 清水章吾 速水典子 佐藤仁哉 新井康弘 松山照夫 出光元 及川ヒロオ 掛田誠 浅見小四郎 青木愛

原作 「光の国のアリス」野村正樹

露口茂さんといえば「太陽にほえろ!」のイメージ(といってもあまり見たことはない)だったのだけど、こんなキュートな演技をする方なのかと……。ちょっと惚れました。

冒頭、中年男性が殺害されるというニュースが流れるのだけど、36歳なのであった、その男性は……。1989年当時だと、もう中年なの?

鈴木保奈美さん演じる就職して1年目(だったかな?)の千枝は赤名リカ(@東京ラブストーリー)にも似ているようで、同時期の放送かなと思ったら、東京ラブストーリーよりも前だったか。

自称・歩く道徳という露口茂さん演じる、親子ほど年の離れた鷹森に普通に接する千枝。腕をつかんでYMCAを踊らせたり。千枝のスカートがめくれてしまう場面が2回あったけど、鷹森氏、見えたらしいが何事もなかったかのようにふるまう(紳士?)。

「窓際族にしておくの惜しいわ。好きになっちゃう」と、それぞれが関わった事件について2人で調べていくうちに、千枝は鷹森氏に恋心? 最後はキスを求めるけど、鷹森氏は頬に触れるだけで、それ以上はダメだと断る。2人はそれっきりなのかな。

鷹森氏は仕事そっちのけで、丼(作っていたのはカツ丼?)の研究に没頭していたな、最後の場面。もらったネクタイは大事に使い続けているのあろうか。

コメント