笑いの現場

(2008/06/26)

ラサール石井さんの「笑いの現場―ひょうきん族前夜からM-1まで」を図書館で借りて読みました。

何の書評で知ったのか、忘れちゃいましたけど。

一気に読破。

私の子供時代ぐらいから今に至る笑いの現場のあれこれ。
ラサールさんの文章はとても読みやすかった。

ずっと「コント赤信号のラサールさん」だと思っていたけど、当時は普通に「石井さん」だったなんて知らなかったなあ。

木の実ナナと鈴木やすしが司会をしていた「ホイホイミュージックスクール」

なんて文章もあり。ナナ姉さん、司会業もやっていたのか。今の彼女しか思い浮かばない。

お笑いを見る視点が少し変わりそうです。

 

コメント