わが家の歴史

(2010/05/06)

三谷幸喜氏が脚本と聞けば、やっぱり見たくなります。フジテレビ開局50周年企画のドラマ「わが家の歴史」。
2010年春、3夜連続放送、トータル8時間の超大型企画なのだそうだ。

出演者が豪華。三谷作品でおなじみの方も多そう。

柴咲コウ 佐藤浩市 松本潤 佐藤隆太 堀北真希 榮倉奈々 長澤まさみ 大泉洋 玉山鉄二 山本耕史 鈴木砂羽 高田純次 役所広司(声の出演) 天海祐希 富司純子 西田敏行

主役級の人も多いし、何て贅沢なのじゃ。

 

昭和20年、日本は終戦を迎えた。八女家の7人家族は博多の知り合いの家の六畳一間に居候していた。長女、政子(柴咲コウ)17才は、甲斐性なしの父・時次郎(西田敏行)に代わり、家族の生活を支えている。うれしいときはもちろん、悲しいときにも皆でエノケンの「ベアトリ姐ちゃん」を歌って笑顔を忘れないのが八女家流。極貧生活の中でも一家は底抜けに明るく仲良くたくましく、政子はなによりもそんな家族を大切に思っていた……。(フジテレビのサイトより)

父ちゃんが西田敏行さんで、しっかり者の長女が柴咲コウさんか。楽しみに待っていましょ。

録画していた分、やっと見終わりました。
1話が長いんだけど、戦後のあれこれをぎゅぎゅっと詰め込んであるから、こうなるのよね~。

最後まで実のその後(声は役所広司さんでしたが)の姿は出てこなかった。こども店長で終わっていた。
見たかったな。

全話通して、つるちゃんが圧巻。
どこでも生きていける力、それも房ちゃんと結婚したいための愛の力……。
最後は首相の警備にまで(@_@)

お父さんの代わりに働いて家族を養っていた政子ちゃん、本当に波乱の人生だ。
鬼塚さんが亡くなると、正妻さんから追いやられ(もっと大事にされるかと思ったわ~)、まさかのヤナギさんからの求婚、拒否すれば、信頼して預けていた財産を持ち逃げされるなんて(>_<)

それでも頑張って生きていたのが、あの時代の家族たちとはいえ、波乱過ぎるよ、政子ちゃん。。。

私が生まれる前の偉人たちがたくさん出てきて、これも面白かったです。
お嬢(美空ひばり)、八女家のトイレから出てきた?(違った?)
あんなエピソード満載の八女家、本当にあったらのぞいてみたいところです。

ドラマ
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。ただし、運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあることをご了承ください。

スズキマニアQRコード

スズキマニア?

コメント