69 sixty nine

(2005/09/26)

「69 sixty nine」 出演 妻夫木聡 安藤政信

長崎弁(佐世保弁というのかな)が心地よく感じるようになってきた、長崎在住が10年を超した私。
冒頭のアマダのナマリ部分(標準語のテロップ付き)、半分ぐらいしかわからなかったけど!

鈴木一功さんという方が出演されています。
どの役だ~?と調べたら、あ、親分ね!

ちょびっとだけの感想は以下に↓↓

 

クドカンさんが脚本だからか、そういう原作なのか、時にお見苦しい場面(お食事中見ちゃ駄目よ!)もあるが、全体的に大笑いしながら見ていた私。

1969年は私が生まれた年(あ、年齢が……)なので、知らないことの方が多いし、住んでいた場所も違うし、難しいことはわからないんだけど……いいんじゃない?
ケン(妻夫木君)たちがバリ封(バリケード封鎖の略らしい)したり、女の子にのぼせちゃったりするんだけど、見ていてほっとけないというか、見逃せずにはいられない。

素直に生きてるもんなあ。

お父さんが柴田恭兵、お母さんが原日出子。
こんな両親も何だかうらやましい。

感想は苦手なので大したこと書いてませんが……。
長崎弁や佐世保の町並みにも触れてみてくだされ~。

 

コメント