センセイの書斎

(2008/08/28)

「世界屠畜紀行」という本が面白かったので、同じ著者の方の本を読んでみたわけです。内澤旬子さん。

どのセンセイも「本は捨てられない!」と言うかと思ったら、そうでもなくて。
ばっさり処分するセンセイもいたり。興味深い一冊です。

私自身はスッキリした空間をつくりたいなと思うので、最近は本をがんがん処分、または借りて済ます派なんですけど、作家の方々などはそうはいきませんよね。

さて、この本に出てきたスズキさんをピックアップしてみると(漏れているものもあるかもしれない)。

  • 逢坂剛さん(「おう」の字は、二点のしんにょう?)の書斎には鈴木文史鈴木文史朗?)「米歐變轉紀」
  • 清水徹さんの書斎には、鈴木信太郎全集
  • 粉川哲夫さんの書斎には、鈴木志郎康の「ゲーテ日記」
  • 杉浦康平さんの書斎には、鈴木忠志「足の生態学」

(今日はちょっと酔っぱらって書いているので間違えていたらすみません……)

先輩の鈴木さん方、たくさん登場でした。

 

新しい出版物にばかり目がいきがちですが、大事に読み継がれている本も読んでみなくちゃね。

 

コメント