砂糖王 鈴木藤三郎

図書館で偶然見つけ、手に取りました。だってスズキマニアだもの。

「砂糖王 鈴木藤三郎 ―氷砂糖製造法の発明―」

honto でお取り扱いはできない状況になっているけど、本のページあり。

Wikipediaによると「日本製糖業の父」と言われているとのこと。

講演会などをまとめたものなのか、朗読の原稿(?)もあったり。氷砂糖の製法を発明されたというのはわかった。その後もいろいろな事業に携わった方らしい、

参考  >> 静岡県森町サイト > 鈴木藤三郎と地域の産業社会

本書から鈴木をピックアップ

静岡県周智郡森町の鈴木菓子屋鈴木伊三郎氏の養子に

鈴木製糖所をつくる → (その後はだいたいこんな感じ?) → 日本精製糖株式会社 → 大日本明治製糖株式会社 → DM三井製糖ホールディングス株式会社

買ったことがあるよ。「ばら印の白砂糖(上白糖)」

鈴木鉄工部設立(鈴木鉄工所の部門?) 【参考】 >> 森の元気屋風の便り > 「鈴木鉄工部」からの年賀状

鈴木五郎さん著「黎明日本の一開拓者 ―父鈴木藤三郎の一生―

小名浜の鈴木式製塩法を発明 (「鈴木式製塩法」で検索すると、鈴木商店のサイトがヒットするけど、こちらとは別ね。鈴木商店は小説で知ったな。 > 「お家さん」)

静岡県裾野市に鈴木農場を開く → 【参考】 >> 不二農園 > 不二聖心女子学院の起源(PDF)

釧路に鈴木水産工場を建設 などなど

幅広い事業展開。それぞれ調べるといろいろ発見がありそう。

二宮尊徳の思想・報徳については全く詳しくないのだけど、報徳の教えに目覚めてから、鈴木藤三郎さんはいろいろな事業を起こしていったのね。

報徳博物館というものが小田原城そばにあることを知らなかった。いつか行けるかな。

コメント