臨死!!江古田ちゃん

(2013/11/05)

鈴木砂羽さんが絶賛していた、瀧波ユカリさんのマンガ「臨死!!江古田ちゃん」がずっと気になって仕方がなかった私。

ネットで買ってもいいのだけど、何となく本屋さんで見つけようと思っていて。でも、いつもはっきりとタイトルと出版社を覚えていなくて、近所の本屋さんのコミックコーナーをのぞいても見つからず。置いていない確率も高そうだし。

しかし、ふと今日出かけた先で思いついた。あそこならあるに違いない! そこはヴィレッジヴァンガード。

たまーにしか行かないんだけど、あそこのコミックコーナーは心くすぐるものが多いのだ。でもまだ購入したことはなかった。本は本屋さんかネットでと決めていたから(←ポイントをためたいだけ)。

早速行ってみました。これまた気になっていた「鈴木先生」もどーんと置いてありましたが、目的は江古田ちゃん。

見つからず、最初に見たコーナーをもう一度チェックしたら、ありましたよん♪ そして、購入。

まだちらちらとのぞいただけ。夫や息子たちに見せるにはちょっぴり(笑)恥ずかしいマンガですが、うひひ、後でじっくり楽しもう。

この本を買ったときは、大きめの荷物を肩に2つぶら下げ、(後から気付いたのだけど)Tシャツからババシャツをのぞかせてしまっていた、やつれたおばちゃんな格好でした。

レジのお姉さんがちょっとけげんな顔をしたのは気のせいか!? 笑 疲れたおばちゃんが江古田ちゃんを買っていたなんて。

4巻

その後、江古田ちゃんを買い続けていまして、4巻ですよ。

いつも漫画ってだだーっとすぐ読み終わるんですが、江古田ちゃんはなぜか時間がかかります。そして、もう一度読み直すのです。今日、やっと1回目の読みを終わりましたわ。

そして、とうとう鈴木君登場。

江古田ちゃんに登場する鈴木君は、ま、どうでもいいような鈴木君の扱いで……。いいですな(笑)。

7巻

7巻が出ていました!

お姉ちゃんが出てくると、ちょっと安心するのはなぜだろう(笑)。江古田ちゃんの萌えポイントが幅広くて楽しい(^^)

71ページにて、バットマンのマークが口に見えると書かれていたのだけど……。そうなのよ! 私は口にしか見えないのです。ときどき頑張ってコウモリを頭の中に描き出すのですけど、すぐに口に戻ります。

ほら↑↑(1つの絵が2つのものに見える的な?)

今回は鈴木勤(すずきつとむ)が名前だけ登場。世田谷区に住み、妻の名が恵子、2人の子持ちで65歳。

都会だったらわんさかいるだろうなあ。私も関東に住んでいるとき、同姓同名が何十人もいたような気がする(電話帳を見てだったか)。

2019年10月21日追記

瀧波ユカリ先生の「モトカレマニア」がドラマ化されました。ドラマの初回を見ましたが、想像していたのと違って面白かったです。次回も楽しみなドラマ。

書籍
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。ただし、運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあることをご了承ください。

スズキマニアQRコード

スズキマニア?

コメント