レッド・クリフ

(2011/01/24)

先週に続き、今週も放映された「レッド・クリフ」のpart2、テレビで見ました。

part1も全く見たことがなくて、既に一度見ているという夫の解説を交えながら見た先週。
三国志は多少は本で読んだりしたはずなのに、さっぱり覚えていません。
曹操、劉備、孫権の名前とかは知っていますが。

登場人物が覚えられません、私。
アジアの顔の人でも、日本語じゃないと、全く駄目ですね(>_<)
それでもみはまってしまった、先週と今週。

息子が周瑜役のトニー・レオン氏がゴリ氏に似ているので、それ以降、ゴリさんにしか見えない(笑)。
獅童、いい役やってるなあ~とか、美人妻の行方が気になるぜ~!とか、茶々を入れながら見ました。

孫権の妹ちゃんと曹操軍の兵士との友情にはちょっと泣く。途中でこうなるんだろうとはわかっていたけど、切ないなあ。

しかし、いろいろな策の中身がいまひとつ理解できぬまま。
機会があれば、もう一度見て、確認し直したいところです。
あと、三国志関係の本も何か読みたいな。

今回の日曜洋画劇場、提供の一つにはスズキが入っていました。

漫画の「三国志」も気になりますぜ。

コメント