ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~

2019年4月からの月9ドラマ「ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~」を見ました。

月9だし、どうしようかなと思っていたけど(恋愛物はほぼ見ない)、放射線科というのはなかなか面白そう。最近よくお世話になっている診療科だしと、見ること決定。

主な出演者

五十嵐唯織(いがらしいおり)/窪田正孝 甘春杏(あまかすあん)/本田翼 広瀬裕乃/広瀬アリス 軒下吾郎/浜野謙太 威能圭/丸山智己 悠木倫/矢野聖人 黒羽たまき/山口紗弥加 小野寺俊夫/遠藤憲一 辻村駿太郎/鈴木伸之 鏑木安富/浅野和之 大森渚/和久井映見

ナレーションは八嶋智人氏

鈴木伸之さんのオフィシャルブログも開設されていました。

原作は「ラジエーションハウス

窪田さん演じる五十嵐唯織(いがらし・いおり)は、写真には必ず“真実”が写ると信じている診療放射線技師。アメリカで最も権威ある放射線科医から認められた後、帰国し、ヒロインの甘春杏(あまかす・あん)が放射線科医として勤務する甘春総合病院で働き始めることに……。

公式サイトより

という出だしで、凄腕の検査技師なわけですね。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

第1話

1話の主なゲスト

バス運転手・天野/春海四方 写真家・菊島亨/イッセー尾形 菊島の娘/森矢カンナ

鈴木隊員(@面白南極料理人)こと、岩崎う大さんが医師役で出ていたのだけど、レギュラー? ゲスト? 大将(@面白南極料理人)こと浜野謙太さんとのからみがなく残念。

「マニュアルどおり検査だけ行ってください」なんて本当に言われてしまうのでしょうか。しょっちゅうCTを撮ったり、PET-CTを撮ることもあるので、放射線科にはよくお世話になっていますが、検査時以外は訪れることのない部屋なので、医師や技師の方々とお話しすることってないです。

そのあたりの仕組みなど、ドラマを見ていたらわかるかな。

1話の最後のほうで、医師免許も持っているようなことを言われていた五十嵐くん。いったい君は何歳?

外科医のけいゆう先生の記事。ドラマ内に出てくる用語など含め、わかりやすく説明されています。

第2話

2話の主なゲスト

千葉美佐子/中越典子 千葉健太郎/石田星空 金田会長/鶴田忍 金田富恵/宮田早苗 小野寺大樹/田中奏生

小野寺技師長の息子役の田中奏生くん、「前田正名-龍馬が託した男-」(スズキは見つからずだったので日記はなし)の主人公の少年時代の役だったのか。

シングルマザーで、親子で病気治療で……と思うと、精神的、肉体的、経済的にもきついよなあと、ついつい思ってしまいます。千葉親子を応援するのみ。

技師の威能さんのあれ(マダムキラー?)は特技なの?

今回もけいゆう先生が用語などの解説をされています。

第3話

3話の主なゲスト

葉山今日子/内山理名

杏ちゃん大好き!なときの五十嵐君、テンション変だよね。アイスコーヒーを渡そうと待っていたけど、氷が全然入っていないように見えたので、長時間待っていた?

今回は乳がんの話。

マンモグラフィの結果では異常なしとなったけど、デンスブレストというタイプの場合、乳がんが見つかりにくいということで、その後、さまざまな検査を受けることに。

あれだけ検査を受けたら大変、お金もかかるよね……と心配していたけど、けいゆう先生の記事を読んで、あ、そうかと思ったのは、今回の場合、全額自己負担なんだということ。

母は乳がん、祖母は卵巣がんだったので毎年検査を受けていた葉山さん、結婚前にあらためて受けたということか。何か症状があるから検査を受けたわけじゃないんだ。

いくらかかったんだろう……。そこが気になる。

私は卵巣がんだけど、近い身内で婦人科系のがん罹患者はほぼいなかったように思います。祖母たちは亡くなって初めてがんが見つかったという感じだったと思うけど、婦人科系だったかどうかは不明。

そうそう、五十嵐君、バスに乗ろうとしている葉山さんに個人情報をあれこれしゃべっちゃだめだよ~~と思った(笑)。ま、ドラマだから仕方ないけど。

第4話

主なゲスト

坂元美月/山本舞香

今回は鈴木伸之さん演じる辻村先生が診断に加わっての話。

ドラマの中で演奏されていた「FLY AGAIN」は、MAN WITH A MISSIONの6月5日発売のニューシングル「Remember Me」の収録曲だとか。

最近「動物のお医者さん」を読み返していて、ドラマ版で和久井映見さんが菱沼さんだったなと、院長を見るたび思い出します。

悠木役の矢野君、とばっちりばかり。ドラマ「リーガル・ハイ」もそんな感じの役じゃなかったかしらん?

4話についてもけいゆう先生の記事あり。>> ラジエーションハウス第4話 感想&解説|医師と技師のリアルな関わり

第5話

主なゲスト

藤本勝彦/三浦誠己 藤本歩美/森脇英理子 藤本直樹/南出凌嘉 藤本雄太/斎藤汰鷹 山村肇/小林喜日

杏ちゃんに話しかけられてニヤニヤする五十嵐君だけど、仕事はきっちり。

Ai(人工知能ではなく、オートプシー・イメージング=CTやMRIを使って遺体の死因を究明する。死亡時画像診断)がテーマ。

こういうときの診断って、整形外科医の辻村先生がするものなの? 役割分担がいまひとつわからず。

今回もけいゆう先生の解説あり >> ラジエーションハウス第5話 感想&解説|肝破裂とオートプシーイメージング

スポンサーリンク

第6話

IVRの話。一般人には耳慣れない言葉。けいゆう先生のブログ記事あり。 >> ラジエーションハウス第6話 感想&解説|IVRか手術か?リアルに悩ましい治療選択

よくドラマの緊急手術で脾臓摘出とかあるけど、わりと起こる症例なのだな。

女の子の体の傷は小さくしたいからと、IVRを一度提案するけど、鏑木先生は開腹手術を提案。

その後、大腸がん治療中の患者さんに対してIVRが行われていました。そうか、こういうのは放射線科の医師がするのか。そういうところさえわかっていなかったです。

私は造影剤アレルギーが少しあるので、こういう場合、治療を受けられるのだろうか……。

第7話

主なゲスト

蛭田真貴/松本若菜  蛭田志朗/篠原篤 ユウカ/穂志もえか

再検査は2カ月待ちとのこと。私が通院している病院は、田舎だからか、そこまでおそらく待つことはないと思うので、恵まれているということかな。

蛭田夫妻の話は相談室か何かで聞いてあげたほうがいいと思うけど、五十嵐君は相談職種とは違うから使えないか。

最近、やっと辻村先生(鈴木伸之さん)が好きになってきた(嫌いではなかったけど苦手だった)。気を利かせて軒下君の同僚医師役を演じるとか、いいやつだな。

GalaxyのCMに鈴木伸之さんが辻村先生役で出演。録画してからドラマを見るので、いつもCMは飛ばしていました。コラボCMは最近多いのよね(でもほぼ見ていない)。

第8話

主なゲスト

魚谷久美/稲垣来泉 若井陽子/佐藤めぐみ 若井 祐一/板橋駿谷

番長(@なつぞら)登場。これが実年齢役……。

「お姉ちゃんがそばについている」と甘春先生は言うけど、いや、お姉ちゃんだけど、先生と言ったほうがいいんではないかい?

まさかの(というかよくある)エレベーターが止まる事件勃発だけど、助かってよかったわ(そりゃそうか)。

第9話

主なゲスト

安野将司/中村梅雀 辻村丈介/名高達男

あ、ホントだ、「もみ消して冬」の2人が並んでいるシーンがある!(Twitterで見た) > 北沢泰蔵/中村梅雀 小岩井凛治/浅野和之 のお二人

辻村先生メーンの回。

順風満帆な医師の息子だと思っていたら、挫折があったり苦労したり、悩みもいっぱいあった様子。

しかし、それを乗り越え、ただのイケメンではない、技師たちとも信頼し合える、完璧なイケメンになってしまった。そして、五十嵐君に恋のライバル宣言。そりゃあモテるよ、辻村先生(私も惚れる)

第10話

主なゲスト

嶋田茜/西原亜希 鏑木聡子/梅沢昌代 鏑木加奈子/丸川ゆい

幼児の骨折の原因がそんなところにあるとはなあ……。

たまきさんに子供をあやす能力がない(というか怖いっ)けど、威能さんは熟女から幼児までお相手上手というすばらしい才能。

今回は鏑木放射線科長がよい仕事。院長の件は断っちゃうのか。

第11話(最終回)

五十嵐君、医師であるとカミングアウトし、甘春前院長に治療。そのシーンは少しだけでした。

今までずっと手術やら撮影やら、慌ただしかった毎話だったのに、最終回ではその後のんびりとした印象(実際はマスコミ対応だったり、麗洋医科大学からのあれこれあったりだけど)。あっという間に海外に旅立つことになった感じ。

なぜ医師をやらずに技師なのかの答えに、みんな、ポカーンの、バカなの?的な印象(そりゃそうだ)。ただそれだけのために医師免許を取る男はなかなかいない。

最後、フレッシュぴちぴち45歳の新人技師登場。特別編にも出るのかな。

特別編~旅立ち~

スペシャル版だと思って見ていたけど、これは総集編じゃないのか?と思ったら、「特別編」でした。

というぐらい、半分近く回想シーンばかり(CM明けもCM前の部分を繰り返したり)で、そこはちょっとなあと思いました。

機上と地上のドラマが同時進行。話はよかったので、これはそれぞれ短編にして放送すればよかったのになあ。

機上編では、機長役で金田明夫さんと、副機長役で神田穣さん。医師役で中島歩さん。先日見た「フルーツ宅配便」でも中島さんは医師の役だったなあ。

CAさんが操縦席に座っていたのはよくわからず。そして、無事に着陸した後、何だか和やかに会話していた機長さんたちなのだけど、病院に行くために臨時着陸したのでは?と、ちょっと不思議。

「TOKYOコントロール」というセリフがあったけど、「TOKYOエアポート」の世界にリンクしたなあ。

地上編では前田旺志郎君が高校球児役。大きくなって……。

ドラマ
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。ただし、運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあることをご了承ください。

スズキマニアQRコード

スズキマニア?

コメント