ポケモンを創った男

(2011/08/03)

息子たちもよくプレイする「ポケモン」。アニメも見ています。それを創った人はこの人なのか、ぐらいの感じで手に取った本書。

(私が読んだのは文庫版じゃないほうですが)

知らんことがいっぱいあったなあ。
ポケモンのお話じゃなく、ゲームができるまでの過程なんだろうなとは思っていたけど。

私、ずっと、何でアニメのポケモンの主人公、サトシ君がゲームには出てこないんだろうと思っていたんです。
(ゲームはやったことがないので、息子たちのを見た限りですが)

ポケモンって、まずはゲームが先だったのですね。
当たり前のことだったのかもしれないけど、私は知らなかった。

サトシ君の名前は、制作者の田尻さんから取ったものだと、ウィキペディアに書いてあった。ふむふむ。

昔のゲームって、うちには早くからパソコンがあったからイメージは何となくつかめますが、今みたいなもんじゃなかったもんなあ。
喫茶店にあったインベーダーゲームもやりました。時々だけど。

うちはファミコンとか買ってもらうのが遅かった(いや、買ってもらえなかったか?)ので、パソコンで遊んだゲームが最初の思い出で、その後は友達のうちで遊ばせてもらったりぐらい。
結婚してから、自分のうちにゲーム機があるという状態だった気がします。

自分とそんなに年の変わらない田尻さんたちが作り上げてきたゲームの世界。
私は興味も才能も全くなかったので、パソコンが家にありながら何もできませんでしたが、私たちの年代はそういうゲーム制作の初期にいるものだったのかあ。

糸井重里さんも出てきました。

プレイしたことはないけど、『MOTHER』というゲームの名前は知っています。そうか、あれは任天堂か。
よくほぼ日でゲームのコンテンツがあるけど、任天堂と昔からつながりもあったわけですね。

 

本書は随所に脚注が書かれていて、語句や固有名詞の説明が頻繁にされています。

全部は読んでいませんが、『電子遊戯大全』(本書=文庫版じゃないほうの初版本では電子となっていたけど、本当は電視かな?)というテレビゲームのトータルカタログというものが紹介されていて、総監督に石原恒和、デザインに鈴木一誌さんというお名前がありました。

書籍
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。ただし、運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあることをご了承ください。

スズキマニアQRコード

スズキマニア?

コメント