Nのために

(2010/11/10)

流行りの本を読みました。「Nのために」

湊かなえさんの本は「告白」を読んだことがあります。映画化するというので、原作に手を付けてみたわけです。

以下、若干のネタバレあり。

 

ともに独白で物語が進んでいくのですね。
今回読んだ「Nのために」の主な登場人物はすべて名前の頭文字がN。
こういう設定は大好きです。
とある事件が起こるのだけど、登場人物が事件当時と10年後に語り出します。

それぞれの人物の背景にこんなことがあったのかーと驚きながら読みましたが、どんでん返しがあるわけじゃなく、衝撃は「告白」のほうが大きかったなあ。

でも、こちらの「Nのために」も一気に読める一冊でした。

とある登場人物のお母さんの恋人で鈴木先生が登場します。名前は鈴木健一
鈴木先生と聞くと、こちらの鈴木先生を思い出します。続き読まなくちゃ!

 

(2014/12/12)

原作を読んだような読まなかったような……と思っていましたが。
自分のブログを検索したら、読んでいたこと発覚(笑)。
しかも、結末を覚えていない(あれ?)。

ということで、新鮮な気持ちでドラマが見られます。「Nのために」。

今のところ登場人物に鈴木は登場していない(役者の鈴木さんも登場していない)と思うのですが。
榮倉奈々ちゃん演じる杉下希美が、勤めている設計事務所(かな?)にて、電話で「鈴木邸」と言ったように思います。
鈴木邸、どんな家じゃろ?

しかし、本当に覚えていないって、私の記憶力はひどいものです。
ドラマは楽しめるけど^^;

 

本当に原作を読んだのを忘れていて、新鮮な気持ち(?)で毎回見ています^^;

第8話にて、出ました。
ママは鈴木先生と付き合っていたというセリフ。
西崎君のお母さんね。

希美は胃がん。「シンデレラデート」の主人公・真琴の父もがん(何がんだったっけ?)。
ショックだとか、そういうのは全然ないのだけど、自分が罹患した後だと、がんの登場人物は気になるなあ。
でも、よく考えたら、2人に1人がなるっていうぐらいだから、本当にこのぐらい登場人物ががんになっていても不思議じゃないのか。ふむ。

でも、希美、周りの人たちは、病気のことを知らさせていないのを知ったら悲しむで~。

コメント