むかしのはなし

(2010/05/14)

たまっていた(というほど数はなし)図書館から借りてきた本をだーっと読んだここ数日。
それも今日で最後の一冊。

……いや、あと一冊残っているのだが、借りたときの情熱は既になく、未読のまま返却することにしたのだ。

で、最後の一冊。

ほぼ一気読み。
それぞれの話はそれなりに面白いのだけど、ただの短編集だと思っていました。
しかし、途中から「あれ? このエピソードは……」と思い出す部分がちらほら。
すべての話が他の話につながっている構成でした。おおっ!

そう思いながら読むと、ますます面白くなりました。
相関図を見てみたいところ。そこまでしちゃうと、逆に面白くないか。

どの話も明るいものじゃないのだけど、しをんさん、こういう話も書くのねんという驚きとともに、さらに別の作品も読みたくなったのでした。

私が借りたのは文庫版じゃないほう。

ブックデザインが鈴木成一デザイン室でした。
ちりばめられた墨のようなものは、近未来の話でもあるのに、ちょっとアナログな感じをにおわせます。

書籍
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。ただし、運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあることをご了承ください。

スズキマニアQRコード

スズキマニア?

コメント