木の家三昧

(2008/08/21)

私の夢というのは大してなくて。
きっと60歳ぐらいで死ぬんだろうと思っているし(←こう思っている人に限って長生きすると義母に言われっ!)。

でも、もしかして80歳ぐらいまで生きてしまうのだったら、家を建て直したいという秘かな夢があります。
夢だけで資金も何もないんですけど~。
今の家があと40年ももつとは思えないし。メンテナンスの楽な家に住みたい!

 

そういうわけで、家づくり、木の家(←あこがれ)の本を少しずつですが読んだりします。
今回読んだのは

ご夫妻がどうして家を建てることに決めたのか、どんな家を建てたいのか、自分たちが作業でかかわった部分、業者とのやりとりから、材木の現状に至るまで、なかなか読み応えありました。

 

ちょっと前に読んだ「割り箸はもったいない?」

で、日本の林業事情について述べられていたので、その辺も興味深く。

「木の家三昧」には、左官の鈴木親方なる方も出てきます。
かっちょえー。現場でこういう方々を生で見てみたいものです。機会がないのが残念。

「家を建てるよ!」という方がいたら、ぜひぜひ作業風景をのぞかしてほしいです。

 

書籍
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。ただし、運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあることをご了承ください。

スズキマニアQRコード

スズキマニア?

コメント