解剖男

(2009/02/13)

先日読んだ「パンダの死体はよみがえる」の遠藤さんの本をもう一冊。

「解剖男」。冒頭、電車の中でというシーンがあるので、「電車男」をもじったタイトル?

前回の「パンダの死体はよみがえる」を読んだとき、難解な専門用語は雰囲気で(?)とおり過ごしたのだけど、今回の本ではそんな感じでいいように書いてあった(=私解釈)ので、一安心(笑)。

本の語り口がちょっと独特で面白い遠藤さん。
実際の講演とかを聞いてみたいものだなあ。

国立科学博物館にも行ってみたい。パンダのはく製とかあるらしいし。
実家に帰省の際は、頑張って足を伸ばしてみよう。

あとがきにて、遺体を運ぶお手伝いをしてくださっている(のかな)株式会社鈴木商会の皆さんという一文もありました。運送屋さん?

 

コメント