IN

(2009/12/02)

桐野夏生さんの本の紹介が新聞に載っていまして。

タイトルは「IN」。

主人公は、女性作家・鈴木タマキと書かれていました。
こりゃあ、読まなきゃいかんでしょ?
桐野さんの本は「東京島」ぐらいしか読んでいません。

「OUT」はドラマを少し見たのだけど、怖くて挫折(笑)。
「東京島」は一気に読めた気がするので、こちらの「IN」もチャレンジしよう。


読み終わりました。以下、若干のネタバレありで↓↓。

 

 

 

主人公の鈴木タマキ、これはペンネームでした。本名は鈴木裕美子だったかな。
結局、○子(伏せ字じゃなく、こういうふうに表記されているのです。緑川なる作家の私小説に出てくる女性。緑川の愛人ということで)の正体は最後にわかるのだけど、それがわかるまでにタマキが取材に費やした時間の中では、元恋人との再会があったり、別れがあったり。結局はこの取材をもとに作品を発表したのかな。

出てくる女性たちがみんな勝ち気で強い。
緑川氏の奥さんなんて、年をとってもまだまだ執筆活動に燃えている。恋人だっている。

私の人生もまだまだ……かいな?

桐野さんの小説は一気に読み上げないといけない気がします。
今回は時間がなくて(図書館で借りたものだったので)最後に一気に読まざるを得なかったのだけど、それぐらいのパワーがありますね。
次は何を読んでみようかな。

書籍
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。ただし、運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあることをご了承ください。

スズキマニアQRコード

スズキマニア?

コメント