医学のたまご

(2009/05/30)

初めて読んだ海堂作品はこれになりました。「医学のたまご」

中高生向きと紹介されていたので(笑)読んでみました。
(確かに児童書コーナーにあったようだ)

歴史オタクな普通の中学生・薫君が、とあることから医学部に入学し研究をすることに。
子供向けとはいえ、ハラハラしながら読みましたわ。
何とか困難を切り抜けていくわけでして。

薫君の通っている中学校の副校長が鈴木先生。担任の先生は田中先生。
このあたり、地味な印象をねらっているのか?

海堂さんのほかの作品は全く読んだことがなく、ドラマも映画も見ていません。
でも、「医学のたまご」の登場人物と同じ世界のようなので、ぜひ読んでみようかと思っております。

書籍
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。ただし、運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあることをご了承ください。

スズキマニアQRコード

スズキマニア?

コメント