いだてん 〜東京オリムピック噺〜

今年も見ます、大河ドラマ。2019年は「いだてん

ランナー

 

主人公は

金栗四三/中村勘九郎 田畑政治/阿部サダヲ

の両名で、何人かの出演者の認識があるぐらいの情報のみで視聴しました。

 

1話

冒頭から豪華出演者で、どの場面にも主役級の人たちが登場している(すごい)。

 

昭和と明治を行ったり来たりなのかな。
橋本愛ちゃん(小梅)は「西郷どん」に続いての出演。
車夫はよく見たら坊主頭の峯田和伸さん(清さん)。

私は録画してからの視聴なのですが。オンエアで見ていた方々のTwitterに天狗倶楽部なる文字が流れてきて、何事ぞ?と思っていたのだけど、うざくてチャラい天狗倶楽部(TNG)は笑えるほどすごい(笑)。

 

肋木(ろくぼく)って初めて名前を知りました。体育館にありましたが、使い道はわからないまま。あれで背が伸びる!?

 

出演者テロップに鈴木敦子さんのお名前あり。どの役かはわからず。

出演者が多すぎてきっと私が気づいていない人もいると思います。この時代背景も、オリンピック関係のこともよく知らないので、しばらく人物名はごっちゃになりそうです。

 

2話

先日、駅伝を見ていたら、熊本県の番号は43で、偶然にも金栗四三と同じなんですよねと言っていました。あ、ホントだ。金栗さんは熊本県出身。

 

2話は西南戦争の話からで、昨年の大河ドラマ「西郷どん」をからめてのことかしらん?

父が43歳のときに生まれたから四三、わかりやすい。一番上のお兄ちゃんは中村獅童さんだった(いったい何歳設定?)。母は宮崎美子ちゃん。熊本出身の関係?

 

1話から気になっていた「スっスっはっはっ」(という表記をしなかったか? 少年四三)。姉のお産時の呼吸法からということ。学生時代のマラソンは、そういえばこうやって走っていたなと思い出しました。あれは間違っていなかったのか。

 

ところで、各話のサブタイトルは作品名?

1話の『夜明け前』

2話の『坊ちゃん』 夏目漱石っぽい人もいた?

3話の『冒険世界』は雑誌名のよう。こういうこだわりも楽しい。

 

伝説の落語家、橘家円喬役で松尾スズキさん登場。昭和と明治を行ったり来たり、ちょっと慣れてきました。

熊本弁講座? 「とつけむにゃあ」は「とんでもない」。

 

3話

裸率多いなあ(笑)。若々しくてよし。

上京してきた四三たちの格好は赤ゲット=おのぼりさんの代名詞らしい。

「赤ゲット」で画像検索すると、「赤ゲットの幽霊」というのがたくさん出てきました。以前、明治村でやっていたイベントのようでした。

 

サブタイトルもだけど、昔の小説なども絡めてくる(というか史実なのだろう)ようで、文学に全く詳しくない私でもちょっと読んでみたくなるもの。

徳冨蘆花の小説「不如帰」(ほととぎす)は、名前だけで内容は知らないのですが、「いだてん」に登場する三島家となにやらいわく(モデルとされているのかな?)があるようで。三島の「三」を縦にした「川島」が出てくるらしい。

 

金栗四三くんが入った寄宿舎の舎監は、東京高師教授の永井道明先生(杉本哲太さん)だった。門限に遅れた学生への罰は肋木ぶら下がり……。

 

綾瀬はるかちゃん演じる春野スヤはものすごい脚力で、四三が乗っている汽車に追いつかんばかりというか、抜かし兼ねない勢いで自転車をこいでいました。さすが、八重(@八重の桜)というか、バルサ(@精霊の守り人)というか、伊佐山菜美(@奥様は、取り扱い注意)か。

将来結婚するようなんだけど、これだけ強い嫁はいない。

 

出演者に、鈴木敦子さん(1回目にも登場の方かな?)、鈴木真紀子さんというお名前あり。

 

5話

三島くん(生田斗真さん)は、まんま今のジャニーズ的な感じ? うちわを持った女子たちがキャーキャー言っていました。

自室には自分のポスター貼っていた。すてき。

 

金栗くんがマラソン大会で優勝し、酔っ払ってご機嫌の可児先生(古舘寛治さん)もよかった。日頃の鬱憤がたまっているのか、永井先生(杉本哲太さん)への暴言、肋木への蹴り!

橘家円喬役の松尾スズキさん、再登場。もうあの段階で弟子入りしたことになるのかな。

 

5話で、1話のマラソン大会シーンにつながり(ちょっとややこしいが)、金栗四三くんのマラソン人生が本格的にスタート。

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

コメント