いだてん

今年も見ます、大河ドラマ。2019年は「いだてん

ランナー

 

主人公は

金栗四三/中村勘九郎 田畑政治/阿部サダヲ

の両名で、何人かの出演者の認識があるぐらいの情報のみで視聴しました。

 

1話

冒頭から豪華出演者で、どの場面にも主役級の人たちが登場している(すごい)。

 

昭和と明治を行ったり来たりなのかな。
橋本愛ちゃん(小梅)は「西郷どん」に続いての出演。
車夫はよく見たら坊主頭の峯田和伸さん(清さん)。

私は録画してからの視聴なのですが。オンエアで見ていた方々のTwitterに天狗倶楽部なる文字が流れてきて、何事ぞ?と思っていたのだけど、うざくてチャラい天狗倶楽部(TNG)は笑えるほどすごい(笑)。

 

肋木(ろくぼく)って初めて名前を知りました。体育館にありましたが、使い道はわからないまま。あれで背が伸びる!?

 

出演者テロップに鈴木敦子さんのお名前あり。どの役かはわからず。

出演者が多すぎてきっと私が気づいていない人もいると思います。この時代背景も、オリンピック関係のこともよく知らないので、しばらく人物名はごっちゃになりそうです。

 

2話

先日、駅伝を見ていたら、熊本県の番号は43で、偶然にも金栗四三と同じなんですよねと言っていました。あ、ホントだ。金栗さんは熊本県出身。

 

2話は西南戦争の話からで、昨年の大河ドラマ「西郷どん」をからめてのことかしらん?

父が43歳のときに生まれたから四三、わかりやすい。一番上のお兄ちゃんは中村獅童さんだった(いったい何歳設定?)。母は宮崎美子ちゃん。熊本出身の関係?

 

1話から気になっていた「スっスっはっはっ」(という表記をしなかったか? 少年四三)。姉のお産時の呼吸法からということ。学生時代のマラソンは、そういえばこうやって走っていたなと思い出しました。あれは間違っていなかったのか。

 

ところで、各話のサブタイトルは作品名?

1話の『夜明け前』

2話の『坊ちゃん』 夏目漱石っぽい人もいた?

3話の『冒険世界』は雑誌名のよう。こういうこだわりも楽しい。

 

伝説の落語家、橘家円喬役で松尾スズキさん登場。昭和と明治を行ったり来たり、ちょっと慣れてきました。

熊本弁講座? 「とつけむにゃあ」は「とんでもない」。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

コメント