警視庁・捜査一課長 season5

科捜研の女と捜査一課長がないと寂しい毎日よ……。「警視庁・捜査一課長season5」見ています。2021年4月8日より。

主な出演者

大岩純一/内藤剛志 平井真琴/斉藤由貴 笹川健志/本田博太郎 天笠一馬/鈴木裕樹 古代学/飯島寛騎 板木望子/陽月華 奥野親道/塙宣之 大岩小春/床嶋佳子 小山田大介/金田明夫

>> 警視庁・捜査一課長まとめ

第1話

初回は2時間スペシャル。ゲストの1人に勝又克樹役で鈴木仁さん。新人君レギュラー?と思ったら、所轄の新人君だったのか。

ベテランの鑑識さん、武藤さんに替わって古代学君登場。武藤さんのうんちくはもう聞けないの??

イラストレーター桐野梨子(伊原六花)が描いていた絵本のタイトルは「いだてんこちゃん」。勝又刑事も桐野ちゃんもむっちゃ走らされた回だったな。

第2話

初回はちょっと出だしが違ったけど、第2話はいつものやりとりから始まってホッとする。一課長の「何!?」は大事。

ゲストのエステティシャン・矢向直美役の石川恋さん。この名前どこかで……と思ったら、「おしい刑事」の灰田さん。Wikipediaをのぞいたら、「ビリギャル」の表紙の女の子だったのか。それで今回のギャル時代(は嘘なのだけど)の写真が使われわけね。

刑事部長のあれらの行動を知っているのは、一課長と運転手だけなのか(以前の運転手のときも刑事部長はあんなだったっけ?)。「あ、出てくるぞ」というのがわかる刑事部長、今回の等身大パネル、ちょっと欲しいと思ったのは私だけか。

うんちく鑑識さんの武藤さんがいなくなって残念だけど、古代学君も何だかんだうんちくっぽい昭和語り。その古代君役の飯島寛騎さん、「チャンネルはそのまま!」の山根君だったの!? あの雪丸花子に苦労させられていた山根君、花開く(違う)。

第3話

デカオタク!の神谷時子役は生駒里奈ちゃんであった。デカオタク最後の押し刑事はウド鈴木氏(役名わからん)。

今回、古代君の昭和うんちくが全くなかった。どうした!?(ないとちょい寂しくなってきた?)

コメント