ゴールデンスランバー

(2009/08/31)

原作

堺雅人さんが主演で映画化ということで、原作を借りてみました。「ゴールデンスランバー」。

普通じゃあり得ない出来事が起こり、結局のところ、黒幕はわからない?という感じの内容でしたが。

ハラハラして読みましたよー。

(若干のネタバレあり↓)

 

 

主人公の青柳君のことを信じてくれた人たちのおかげで何とか生き延びることができたわけです。
昔の彼女と、よりが戻るわけでも(そう願っていたわけでも)ないんだけど、2人だけの思い出がところどころに生きてきて、ちょっと切ないです。
もっと警察にぎゃふんと言わせてやりたかったけど、そうはならなかったなあ。青柳君ばかりが損をしてさ。

映画化にて、主なキャストはこんな感じで(ウィキペディアより)。

青柳雅春 堺雅人
樋口晴子 竹内結子
森田森吾 吉岡秀隆
小野一夫 劇団ひとり
凛香 貫地谷しほり
井ノ原小梅 相武紗季
鶴田亜美 ソニン
樋口伸辛 大森南朋
保土ヶ谷康志 柄本明
佐々木一太郎  香川照之

堺さんの青柳は雰囲気あるなあ。うん。
映画化、楽しみです。映画のほうは2010年1月30日公開予定。

 

伊坂幸太郎さんの本を何冊か読みました。
今度こそ「グラスホッパー」を読み終えなければいけません。前回、図書館から借りたんですが、読み切れなかったんですよね。

作品中にはいろんな登場人物が出てきたのに、鈴木さんは出ずじまいでした。
が、最後の「謝辞」のところで、東北マツダ南吉成店の鈴木忍さんという方が出てきました。よかったー(?)。

 

 

(2011/10/14)

映画

今月は堺雅人氏出演のドラマが2本も始まるので、個人的に堺雅人祭りじゃ!と思っていましたら、主演の映画「ゴールデンスランバー」までテレビ放映されていました。

鑑賞時間が取れず、まだ録画したままの状態です。楽しみ! でも2時間以上あったよなあ……。

 

前にブログの記事を書いたときには

青柳雅春 堺雅人
樋口晴子 竹内結子
森田森吾 吉岡秀隆
小野一夫 劇団ひとり
凛香 貫地谷しほり
井ノ原小梅 相武紗季
鶴田亜美 ソニン
樋口伸辛 大森南朋
保土ヶ谷康志 柄本明
佐々木一太郎  香川照之

というキャスティングだけがわかっていたのですが、ウィキペディアを見たら

青柳平一 伊東四朗
田中徹 波岡一喜
鶴田辰巳 鈴木福…亜美の息子

など、気になるキャストもいるようで、ますます楽しみ。福ちゃん、何歳のときかな?

<以上、2011年10月2日記載>

 

2時間越えの録画だったので、まとまった時間がないと見られない!と思っていまして。
やっと今日の午前中に見られました。

本当はお酒でも飲みながらゆったり見たかったのですが、夜は家族もいるし、無理だなあと……。
いや、しかし、しかし、お酒なんかなくなって、むちゃくちゃ面白かったわ。

 

原作を読んでいたので、ある程度はわかっていましたが(細かいところまでは覚えていないんですが)。
それでもひやひやしながら見ました。

 

結局、本当の黒幕って誰なのかよくわからんかったけど。警察の思うままになったというのは嫌ねえ。
でも、青柳君(堺さんね)を信じてくれた人たちの素晴らしいことよ!
どこでどうつながっていたのか、よくわからんところもあったけど(轟花火さんはだれからの指示?)。生き延びれたことに感謝。

 

鈴木福君も出てました。セリフもあった。
ああ、かわゆいのう♪

何人も人が死んだりもしたけど……。
後味がとてもよかった映画でした。満足。

 

改めてキャストの方々を見てみると、整形後の青柳君を演じていたのは、「龍馬伝」の帯刀さんだったのね。いろんな人が出ていたなあ。

ドラマを見るようになってきたから、だれがだれかわかってきて楽しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。返事が遅れる場合もありますが、なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。

運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあります。ご了承ください。

映画書籍
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする
スズキマニア?

コメント