太宰治の辞書

読了。「太宰治の辞書」

太宰治の辞書

本の表紙に一目惚れして購入することは少ない私の、そのうちの1冊「空飛ぶ馬」

円紫さんと私シリーズ」の1作目でした。1994年発行となっていた。そんな前なのか。結婚してから読んだのかな、私。その後のシリーズを全部は読んでいないと思うのだけど、その最新巻の「太宰治の辞書」を店頭で見かけて購入したものです。

すっかり以前のシリーズの内容は忘れてしまってはいますが、面白かったのは覚えています。

私がちょっと上ぐらいの同年代だったんだな。主人公は同じように年を重ねていた。

文学的な知識は持ち合わせていないのだけど、それでも面白く読めました。主人公が謎を解き明かしていく様子がよかった。私も一緒に解き明かしているような気分にもなった。こういうのを読むと、古典文学を読んでみたくなるよなあ。

本書には、55ページに鈴木、244ページに鈴木忠志の名が登場。

書籍
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

元鈴木
自称スズキマニア

ずきみをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。ただし、運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあることをご了承ください。

スズキマニアQRコード

スズキマニア?

コメント