超高速!参勤交代

2014年6月21日公開の映画「超高速!参勤交代」 。タイトルだけ見ても楽しそう。

主な出演者

内藤政醇/佐々木蔵之介 相馬兼嗣/西村雅彦 荒木源八郎/寺脇康文 秋山平吾/上地雄輔 鈴木吉之丞/知念侑李 増田弘忠/柄本時生 今村清右衛門/六角精児 瀬川安右衛門/近藤公園 お咲/深田恭子 雲隠段蔵/伊原剛志

ノベライズ版「超高速!参勤交代」もあり

主役は佐々木蔵之介氏。ヒロインは深田恭子ちゃん。知念侑李くんが鈴木吉之丞役でご出演。弓の名手だが高いところが苦手らしい。

5日以内に参勤。できるのか、できないのか(できないと困っちゃうが)。やっぱり映画は楽しいのが好きだなあ。ドラマもだけど。これは見てみたい映画の一つです。

(以上、2014/04/01記載)

(2019/12/06追記)
その後、一度テレビ放映されたものを見ましたが記録なし。2019年にBSテレ東で放送があったので録画していたのをやっと見ました。あらためての感想など。

八代将軍吉宗の時代。

湯長谷藩主は佐々木蔵之介さん演じる内藤政醇。むっちゃなまっている。むっちゃみんなに優しい。むっちゃ強い。

参勤交代から帰ったばかりなのに、藩内の金山を狙われ、5日でまた参勤しなければならないなんて、そりゃ無茶だわ。その無茶をやってのけたんだから、すごいわ。

財政が厳しい湯長谷藩の藩主と、金山を狙う黒幕の松平信祝(陣内孝則)との鯛の食べ方の対比が印象的だった。

参勤交代は、省けるところは省き、道程はショートカット(山越え)、江戸に近づくにつれお供の方々の姿はぼろぼろ(最後はふんどし姿で江戸屋敷へ)。

雲隠段蔵は戸隠流の抜け忍ということ。ちょうどこんなニュースを見たところ。

>> 「ヒーロー物の世界が現実に!」 31年前の特撮ヒーロー「世界忍者戦ジライヤ」主演俳優が本当に戸隠流忍法三十五代目を継承

「世界忍者戦ジライヤ」の主人公を演じていた筒井巧さんが戸隠流忍法の第三十五代目宗家を継承されたとか。戸隠流、今でもあるのね、すごい。

筒井巧さんオフィシャルブログ >> 戸隠流忍法

閉所恐怖症の殿の代わりに駕籠に乗っていたのは猿の菊千代なんだけど、その後、なかなかの活躍。

お供の方たち、見た目と違ってみんな腕っ節が強くて(一騎当千とのこと)、刀が本物でありさえすれば勝てる場面もあったよな。

最後は、実は殿の妹と恋仲だった秋山、刺されまくってやられた?と思ったら大丈夫だった(というのをすっかり覚えていなかった……)。この人の冷静さで最後まで切り抜けられたんだよな。

めでたしめでたしと思いきや、帰りのことはすっかり考えていなかった家老様。そして続編につながるのか。続編も録画しているので、続きを見るのが楽しみ。

コメント