当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

盤嶽の一生

BSフジでの再放送を視聴、時代劇「盤嶽の一生」、本放送は2002年3月5日から6月18日。

主人公 阿地川盤嶽/役所広司

Wikipediaを見ると、いろいろあって第9話と10話の地上波放送はなかったらしい。BSフジではあるみたい。事前情報を大して得ないまま視聴開始。

第1話「わが愛刀よ」

ゆき江/鈴木京香 三輪嘉五郎/石倉三郎 武富多平太/立川三貴

盤嶽がどんな人物か知らないまま視聴。嘘が嫌いな、マジメな男? 待ち伏せされていると言われ、嘘だと思っていたけど、それが本当だとわかると目を輝かせていたのよ、不思議な男。

士官の話、本当の目的は盤嶽が持っている名刀・日置光平(へきみつひら)だと知り、その嘘に怒り、農民たちの数が2,000人と言っていたのに200人だったとかで、またその嘘に怒り(笑)。面倒くさいぞ。

結局、あの庭に引いていた水路はどうなったのだっけ?

最後、ゆき江に財布をすられるという(のに気付かない)お気楽ボーイだ。

第2話「絵図面の謎」

お小夜/浅野ゆう子 千恵/安達祐実 銀造/上條恒彦 紋次/ベンガル

あんなにだまされ続けて、よく生きているよ、盤嶽。

途中から新之助(高橋和也)の顔つきが変わったので、ああ、だましているんだなとはわかる設定だったのだけど、実は千恵もだます側だったとは。あの絵図は自分で描いたというのだけど、何のために? 新之助といっしょになりたかっただけ? 最後の安達祐実ちゃんの表情がよかったわ。

お小夜の公儀隠密というのも本当なのだろうか。皆が皆、嘘を言っている気がする。

第3話「津軽の男」

田中平四郎/宇崎竜童 おふみ/渡辺典子 龍伯/岡本信人

しょっぱなから、大人の男をかついで運んでやるはめになる盤嶽。だまされすぎ。首をつろうとしていた母娘にもだまされた。鶏を盗まれたら日置光平を譲らねばという仕掛けにもだまされた。どんだけだまされるのだ。

他人が病気を知れば医者にかかれと言うのに、自分のことだと医者は要らんという盤嶽。風邪引きを世話したばかりに自分もかかるという。

コメント