相棒 season 1

(2009/07/08)

今ごろ……やっと着手です。>当たったDVD

pre seasonは見終わっていたので、今回はseason 1です。

今はDVDは手元にありません。

手持ちの仕事がなくなったこの時期、チャンスなのだ!
今週は「相棒」DVDを見るぞと決意。

第1話

初回は2時間スペシャル。
2002年となっていたので、もう7年も前なんだ。
このころは全く「相棒」を見ていなかったので、もちろん初めて見るものばかりです。

若い。右京さんがとにかく若いよ。
でも、薫ちゃんと美和子ちゃん(鈴木砂羽さん)、変わらない。

まだこのころは2人の中がしっくりいっている(←カップル?)わけじゃなかったようで、陰でぶーぶー言いながらの薫ちゃん。
このころから、しっかり「暇か?」の課長さんはコーヒーブレイクしているし、その部下の方たちは特命係の部屋をのぞくのに余念なく(笑)。

が、この日、夜の10時半ぐらいから見始めたのと、チューハイ飲みながら

だったので、後半意識がちょっともうろうとしていたですが……。

ところどころ小ネタもあり、うひひと笑いながら鑑賞しました。
この回で小野田さん初登場かな? 10年ぶりに右京さんと再会したらしいしね。
初登場では自分でマスタードなどを付けて食べるハンバーガーショップ(かな)にて、ハンバーガーをほおばる2人。結構ファーストフードな店を教えてもらっているわけね。

第2話

第2話見ました。「教授夫人とその愛人」。

タイトルの割に、愛人はちょっとしか登場しなかったですけどね。
最後のほうに出てきた小野田さんがツボでした。

  • 「クビだけはよしてね」と、特命係をかばう小野田さん。
  • 鳩にえさやる小野田さん(余ったえさは食べちゃう?)。
  • 愛人がいたらしい(奥さんと一緒の車を愛人に買ってあげたとか)。

美和子ちゃん(鈴木砂羽さん)の男っぷり(?)もこのころから健在で頼もしく。

第3話

第3話も続けてみました。「秘密の元アイドル妻」。

もうそのまんま、元アイドルの大西結花さん登場で(風間三姉妹♪)。

7年前じゃあるけど。かわゆい♪大西さん。

今回の舞台は新宿の花園神社のそばらしい。
知ってるよ、花園神社。彼氏(現夫)とふらふらあのあたりを歩いていた気がするわ(当時は都内に勤務していたので)。

結末はせつなかったけど、今回の話は好きだなあ。
右京さんが大好きな落語の世界。好きだから、正面から師匠に向かい、師匠も素直に罪を認めるんだけど。
何も知らない奥さんの笑顔がつらいわ……。

この回では、後々出てくるオカマのヒロコさん(深沢敦さん)が登場したり、「ずいぶん長いこと暮らした」(そうだったのか!)というたまきさん発言や、そんなたまきさんになにげにデートに誘っちゃう右京さんとか、ずっと後々までつながっているエピソードが出てきたりと面白かったなあ。

あ、ちなみに落語監修は春風亭昇太さんでした。

第6話 第7話

少しずつ見続けておりまして、昨晩は第6話と第7話を見ました。

第7話「殺しのカクテル」。この続編(とは言わないかな。蟹江さんが再び登場する回)は見ました。
こういう話が前にあったわけねと、納得。

けんかをして家を飛び出した美和子ちゃん。
薫ちゃんが美和子ちゃんの仕事場に向かうと、「ヨンホンメマワリ(4本目回り?)のスズキさんに協力してもらってさ」っていう美和子ちゃんのセリフ(電話をしていた)がありました。
鈴木砂羽さんだから「スズキさん」というセリフが出てきたのか、その辺はわかりませんが、うれしい収穫(笑)。

この回を見たら、カクテル飲みたくなったなー。
コジャレたバーに行きたいよ、私も。

第9話 第10話

やっと第9話、10話を見ました。

第10話。
殺された仲瀬古監督(演ずるは鈴木瑞穂さん)。
名前は知らなかったけど、電飾さんのことは一番信頼していたのだね。
それがうまく伝わらなくて悲劇に。

ああいうときの取材には、あのころだと

 

なのでしょうか。今ならICレコーダー?

第11話

昨晩、やっと第11話へ。
15年前の特命係発足のことなど。そこにまつわって、まだ事件が続くようですけど。

狙撃犯だった石嶺役は森本レオさん。
誤って撃ってしまった右京さんをお見舞い。そのとき、本名は名乗らず、思わず偽名を。
「す……」と言ったから、来たわと思った(笑)。
スズキです」と、鈴木さんのふりをするわけです。

ありきたりな名前=鈴木なんですな。

次の回がシーズン1の最終回。
いつ見ようかな。

 

 

コメント